モコム

初期費用を抑えるならカメラレンタル付きの業者を使おう

新しくチャットレディとしてお仕事を開始する時、やはり初期費用は抑えたいと思います。そうした場合、ウェブカメラをレンタルしてくれる業者で働くのがいいでしょう。ウェブカメラは安いものだと1000円ちょっとのものもありますが、このような安いものより、やはり高いものの方がお客さんはよくつきます。それは当然ですよね。男性も女性の顔を鮮明に見ながら、会話を楽しみたいでしょうから。
しかし、このようないいウェブカメラになると、物によっては1万円近くすることもあります。こうした初期費用が発生するのは痛いと思うチャットレディの方も多いでしょう。そのような場合には、そうしたカメラをレンタルしてくれる業者も多数存在するので(というより、ほとんどの業者はそう)、そうした業者で働くといいでしょう。
業者によっては、一定期間働いたら、そのウェブカメラをそのままプレゼントしてくれるということもあります。業者からしたら、長期間働いてくれるのであれば、、ウェブカメラ1台など取るに足らない出費だからです。なので、例えば「レンタルして壊しちゃった時が心配」などと過剰に心配する必要はありません。そもそも、ウェブカメラのお金なんて、チャットレディとして本格的に働くようになれば、すぐに払えるようになります。なので、ある程度お仕事が軌道に乗った時点で返却するということも可能なのです。
また、ウェブカメラだけでなくヘッドセットマイクも必要になりますが、これについては、レンタルがある会社とない会社があります。もっとも、レンタルがない会社でも、ヘッドセットマイクはいまどき安い物だと500円から買えるので、大した出費ではありません。1000円も払えば十分な音質の物が手に入るので、これは自分で買った方が、レンタルするよりはむしろ楽かも知れません。
あとはパソコンとネットですが、これらも大抵の人は生活のために使っているかと思います。ただ、パソコンとネットのスペックによっては、ライブチャットという映像配信に耐えられないかも知れないため、スペックが不足しているのであれば、いいパソコンやネット回線を用意する必要があります。
こうした場合も、自分で用意するのが難しいようであれば、通勤型のチャットレディとして働くというのもおすすめです。この場合、業者のブースにパソコンもネットも全てが用意されているので、何も準備することなく、本格的な設備でお仕事をスタートさせることが出来ます。